シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

大人ニキビは普通のニキビと何が違う?原因と対策は?

   

大人ニキビは普通のニキビと何が違う?原因と対策は?

社会人になってからニキビができやすくなったと感じることはありませんか?ニキビといえば思春期にできるイメージがありますが、大人になってからできるニキビもあります。
今回は、大人ニキビと普通のニキビの違いについて解説します。原因と対策を知って、正しいお手入れを始めましょう!

大人ニキビと普通のニキビの違い

思春期にできる普通のニキビは、成長にともなってホルモンの分泌量が変わり、過剰な皮脂分泌が起こることによってできます。
皮脂量が多いと古い角質や汚れと混ざって毛穴がつまり、炎症を起こしてしまうからです。ホルモンバランスの乱れが落ち着くと皮脂量も減り、年齢とともにできにくくなります。ニキビができる場所は、主にTゾーンなど皮脂が多い場所にできやすいです。

一方、大人ニキビは過剰な皮脂分泌だけではなく、肌のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによって発生します。あごや口回り、頬にできやすく、繰り返しできる方も多いです。

大人ニキビができる原因とは

肌の乾燥

肌は乾燥すると皮膚を守るために過剰に皮脂を分泌します。洗顔のしすぎやスキンケアでの保湿が不十分だと、乾燥しているのにニキビができるようになります。

ストレスや睡眠不足

ストレスや睡眠不足は交感神経を活発にし、男性ホルモンの分泌を促します。皮脂量が増え、大人ニキビができやすくなるほか、ホルモンバランスが乱れて肌のバリア機能も低下してしまいます。ニキビが治りにくくなり、繰り返しできるという悪循環に陥るのが特徴です。

メイク汚れ

ファンデーションなどメイク用品には油分が含まれており、皮脂と混じって毛穴につまるとニキビができてしまいます。普段はクレンジングをしっかり行い、できるだけ油分の少なくいメイクアイテムを使用しましょう。

大人ニキビの対策法

潤い供給

乾燥しているのにニキビができてしまう方は、潤いが足りていない証拠です。べたつきが気になる方は、さらさらとしたテクスチャーのスキンケアアイテムをたっぷり使いましょう。大人ニキビ向けのスキンケア商品もあるので、ライン使いすると効果的です。

ライフスタイルの改善

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどライフスタイルを改善して、ニキビができにくい肌環境を整えましょう。脂っこい食事を控え、寝る1時間前はヨガやストレッチ、読書の時間を持つなど、リラックスできるよう過ごし方を工夫してみてください。

まとめ

大人ニキビは普通のニキビと違って、肌のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れ、乾燥など様々な原因によってできます。肌をしっかり保湿し、ライフスタイルを見直すなど根本から改善させましょう。

 - スキンケア基礎知識