シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

肝斑にも効く!噂のトラネキサム酸ってどんな成分なの?

   

d8f9b94e2f501999c6b3acae97f0856b_s

うっかり紫外線を浴びたり、若いころからの日焼けの蓄積などでシミが出てきたりすることがありますよね。シミが出来てしまったらもう消えることはないのでしょうか?美白美容液とシミの関係について調べてみました!

シミの種類とそれぞれのシミが出来るメカニズムとは?

シミには様々な種類があり、原因によって対策や出来てしまったシミを薄くする方法なども異なるので自分のシミがどのタイプのシミなのかをまず把握することがシミケアの大切な一歩です。一般的に一番多いシミの出来るは紫外線のダメージです。紫外線などによるダメージはすぐには分からないことが多いですが、肌の奥でダメージが溜まっています。そして時間をかけてシミとして表面に現れてきます。
肌にはターンオーバーと言う、肌が生まれ変わるサイクルがあります。肌の内部で新しい肌細胞が生まれ、古くなった肌細胞を角質として押し出していきます。このサイクルによって肌の中にたまったシミの原因となるメラニンもいらなくなった肌細胞と排出されます。しかし、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れ、正常に行われないとメラニン色素が沈着してシミになってしまいます。
他には雀卵斑(一般的には、そばかすと言われるもの)です。顔特に頬や鼻のまわりに多くみられます。遺伝性の可能性が高く、小さい時からある場合が多いです。炎症後色素沈着は傷や、やけど、ニキビなどの皮膚の炎症後に残るシミです。
肝斑と呼ばれるシミは、妊娠、閉経など女性ホルモンの変化などが原因で特に女性の顔に出てくるシミの一種です。頬の周りを中心に見られます。その他にも様々な種類のシミがありますが、原因によって対策や出来てしまったシミを薄くする方法なども異なるので自分のシミがどのタイプのシミなのかを把握するところから始めましょう。

肝斑にも効く?薬用美白成分のトラネキサム酸とは?

トラネキサム酸は、厚生労働省が認可している「薬用美白成分」の一つです。肝斑のケアにも効果があると認められている成分で、元々、抗炎症薬や止血剤として使用されていました。肝斑の改善にも効果があることが発見され、現在は肝斑改善のための化粧品やシミケア化粧品などに用いられています。
トラネキサム酸は、メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、シミ発生物質「プロスタグランジン」などを抑制し、シミの原因となる色素が沈着するのを止めてくれます。シミを作り出す物質を作り出すことを抑え、それにより新しいシミやそばかす、肝斑が出来にくくなります。
肝斑の発症には女性ホルモンが関係していると言われていますが、他にも肝斑が発症する原因にメラノサイトの活性化も考えられています。そこで肝斑の発症を抑える効果として注目されているのが、タンパク質分解酵素「プラスミン」という成分です。トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ち、メラニンが作られる前にメラノサイトの活性化を抑制し、肝斑の発症を抑えるとも言われています。

まとめ

トラネキサム酸は、メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、これから出来るシミの発生を抑制してくれる働きがあります。また肝斑のケアにも効果があると言われている貴重な成分です。出来てしまったシミのケアには、肌のターンオーバーを整えて少しでもシミが薄くなるように、体の内側からも肌を整えるような規則正しい生活をすることが大切です。また、様々な薬用成分は副作用も起こる可能性があるので、しっかり使用法を確認し、気になる場合には皮膚科で相談しましょう。

 - スキンケア基礎知識