シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

あなたのメイクは何で落とす?洗顔料を選ぶコツ教えます!

   

あなたのメイクは何で落とす?洗顔料を選ぶコツ教えます!

顔の皮脂や汚れを落としてくれる洗顔は、スキンケアの基本です。フォームタイプや石けんなど、様々な種類があるので肌にあったものを選びましょう。今回は、肌質別に洗顔料の選び方をお教えします。

洗顔料の種類

洗顔料は、大まかに分類すると5種類あります。

フォーム

チューブに入ったクリーム状の洗顔料です。最も一般的で、使用する前に十分泡立ててから使います。保湿成分やスクラブ入りなど、種類がたくさんあります。

ジェル

フォームタイプと同じくチューブ式ですが、透明のジェル状でさっぱりとした洗いあがりが特徴的。ホイップクリームのような泡を作るのは難しいものの、水分が多いため短時間で泡が作れます。

さらさらとしたパウダー状の洗顔料。泡立てるのに時間がかかりますが、水分を含むと活性化する酵素入りの商品が多いです。

石けん

固形石けんの形をした洗顔料です。他の洗顔料に比べて含有物が少なく、肌への負担を抑えられます。泡立てるのが大変ですが、天然素材を使ったものやオーガニック製品など種類がたくさんあります。

ポンプ式で泡状になって出てくる洗顔料です。泡立てる必要がなく、誰でもモチモチの泡で洗顔できます。使いやすく、肌への負担も少ないです。

肌タイプ別おすすめ洗顔料

普通肌

どのタイプの洗顔料を選んでもOKです。洗いあがりや使用感、好みによって選びましょう。洗顔料の中には、美白、エイジングケア、ニキビ・黒ずみ予防など肌トラブルにあった美容成分が配合されているものがあるので、成分を見て選ぶのもおすすめです。
ちなみに、毛穴の黒ずみが気になる方は酵素の入った粉タイプの洗顔料を選ぶと、黒ずみやざらつきが改善します。

脂性肌

余分な皮脂を除去できるジェルタイプや石けんがおすすめです。フォームタイプを使う場合は、さっぱりとした洗いあがりの商品を選びましょう。

乾燥肌

洗顔によって肌の皮脂を取りすぎないようフォーム、泡、石けんを使ってください。保湿成分が配合されている商品なら、肌がつっぱることがありません。

混合肌

乾燥とテカリが気になる混合肌は、季節によって使い分けるといいでしょう。夏は汚れや皮脂を除去できるさっぱりタイプのフォームを、冬はしっとりタイプのフォームや泡、石けんを使ってみてください。肌が弱い方はオーガニックの石けんがおすすめです。

まとめ

洗顔料には様々な種類がありますが、肌タイプにあわせて使うときちんと汚れを落としながら乾燥やテカリを防げます。皮膚を清潔に保てるよう、自分にぴったりのアイテムを探してください。

 - スキンケア基礎知識