シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

今すぐ始めよう♡春に向けての正しいスキンケア方法

   

今すぐ始めよう♡春に向けての正しいスキンケア方法

季節に合わせて服を変えるように、スキンケアも季節に合わせて対策をとることが大切です。今回は、冬から春にかけてのスキンケア方法をご紹介します。季節の変わり目に起こりやすい肌トラブルに負けないようにしましょう!

冬から春はこんな肌トラブルが…!

冬から春にかけては気温が上昇するので、それに伴って乾燥しがちな肌も皮脂の分泌が過剰になったり、ホルモンバランスの変化によって、肌質が揺らぎやすくなります。冬と同じスキンケア方法では、過剰な皮脂を取り除くことができなかったり、不安定になりがちな肌に対処しきれず、吹き出物や肌トラブルが発生する原因にもなります。

また、春と言えば花粉の季節。目のかゆみやくしゃみ、鼻水のほかにも、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。季節風によって運ばれるほこりも、肌にとってはマイナスなので、花粉やほこりが肌に付着したままにならないよう、洗顔方法から見直すようにしましょう。

揺らぎやすい肌にはシンプルなスキンケアを

厳しい寒さから一転して暖かさを感じるようになる春は、肌が最も揺らぎやすいシーズンです。刺激の強いコスメを使っていると、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。そこでおすすめなのが、敏感肌のように低刺激なアイテムを使って、シンプルなスキンケアをすることです。きちんとメイクを落としてから、洗顔で汚れやほこりを洗い流し、低刺激な化粧水や乳液で仕上げましょう。

アルコールフリーのアイテムを選んだり、時短ケアをしたい方はオールインワン化粧品に切り替えてもいいでしょう。目元、口元など乾燥が気になる部分は、部分的に重ね付けをして補うようにします。何種類もアイテムを使用するよりも、少ないアイテムを使用して、乾燥が気になる部位だけ重ね付けすれば、肌が化粧品に負けてかぶれるという可能性が低くなります。揺らぎやすい肌の状態を観察しながらケアしてあげてください。

紫外線対策は早めに

春は夏に向けて、徐々に紫外線が強くなります。紫外線対策は春から行うのがおすすめです。日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーションに切り替えてみましょう。
真夏ほど紫外線の量は多くないため、日常使いするにはSPF10~25ほどあれば十分です。日焼けしやすいTゾーンや頬の一番高い部位などは重ね塗りして、化粧直しの都度、こまめに塗りなおすことが大切です。

まとめ

気温が上がり、花粉やほこりが気になる春は、スキンケア方法を見直しましょう。不安定な肌にはシンプルなスキンケアと、夏に向けて量が増える紫外線にむけて紫外線対策を行いましょう。

 - スキンケア基礎知識