シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

混合肌とは-混合肌のスキンケア方法

      2016/02/29

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s実はほとんどの人が当てはまる?! 混合肌のスキンケアはどうしたらよい?

空気が乾燥しやすい秋冬の季節は乾燥肌の人にはつらい時期ですね。実は乾燥肌対策に力を入れることで意外にもシミ対策にもなったりと、お肌に嬉しいことがたくさん!乾燥肌を守るためのスキンケアについて迫ります!

混合肌とは?

額から鼻にかけてのTゾーンはべたつくのに、頬から顎にかけてのUゾーンは乾燥しがちだったり、顔のほとんどは普通肌だけどある一部分だけが乾燥しやすかったりなど、異なる肌タイプの部分がある肌を混合肌と言います。実はほとんどの人が気になる肌の部分があったりするので、混合肌に当てはまると言われています。
他の部分はあまりそうではないのに、例えばフェイスラインだけだったり、またはおでこだけニキビができやすかったりなど、ピンポイントにニキビができやすいのも混合肌の可能性が高いです。また、季節の変わり目だけ混合肌になるという人もいたりするようです。

気になる部分に合わせてスペシャルケアを投入!

皮脂腺の多いTゾーンがべたつきやすく、Uゾーンは乾燥しがちだったり普通肌だったりする混合肌が多いようです。Uゾーンに合わせてスキンケアをするとTゾーンがよりべたついてしまったり、Tゾーンに合わせてスキンケアをするとUゾーンがカサカサになったりと困ってしまいますね。そんな時はベタつきやすいTゾーンにはテカリを抑えたり、ニキビ用のスキンケアを導入したり、Uゾーンには保湿クリームやセラミドを補充するスキンケアを使ってみたりなど肌の状態にあったスキンケアをプラスしてみましょう。

 ベースメイクの際も、Tゾーンは最後の仕上げにフェイスパウダーをのせてテカリを抑えたり、Tゾーン用のべたつき防止の下地を使ってみたりなど、ピンポイントでの対策をしてみるのがおすすめですよ!ニキビができやすい部分はあまりベースメイクをしないのが一番ですが、どうしても気になる場合はニキビ用やミネラル化粧品など肌に優しい化粧品でカバーするのがベターです。

まとめ

実はほとんどの人が当てはまる混合肌。人によって組み合わせのタイプはそれぞれですが、気になる部分に合わせてピンポイントでスペシャルケアを投入するのが混合肌のスキンケアには最適です。特にべたつきやすいTゾーン用のスキンケア用品や、メイクアップ用品もたくさん発売されているのでぜひチェックしてみてください。

 - スキンケア基礎知識