シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

シミができやすい場所ってどこ?

   

シミができやすい場所ってどこ?

シミは紫外線を浴びるとできる、年とともに増えると言われていますが、そもそもどうやってできるのでしょうか。
今回はシミ発生メカニズムと、シミができやすい場所について解説します。ぜひ紫外線対策の参考にしてください。

シミができるメカニズム

シミは肌の奥でメラニンが蓄積されることでできます。まず、紫外線や摩擦などの刺激を受けると、メラノサイトが活性化してメラニンを生成します。メラニンは細胞の中に取り込まれることで肌が黒くしますが、ターンオーバーによって細胞が皮膚表面に上がると垢とともに剥がれ落ちます。

しかし、紫外線を浴びすぎて過剰にメラニンが作られたり、潤い不足でターンオーバー機能が低下したりしていると、上手に排出できなくなりシミとして定着するのです。

シミができやすい場所

シミは、基本的に紫外線や摩擦を受ける場所にできやすいです。ここでは顔、体のどの部分にできやすいのかをまとめました。

頬骨の一番高い場所は直射日光が当たりやすく、紫外線によるシミができやすいです。左右対称のシミ・肝斑も頬に発生します。

目元

目元は皮膚が薄く、紫外線や摩擦に弱い部位です。とくに、メイク落としのときにこするように落としていると色素沈着してシミが残ります。

こめかみ

紫外線が当たりやすいのに、日焼け止めを塗り忘れてしまうのがこめかみです。こめかみにシミができると老けた印象になってしまいます。

首周り

首周りは衣類で覆われないため、紫外線によるシミができやすいです。日焼け止めを塗り忘れることも多く、こまめに鏡でチェックしていないとシミができていても気づかないかもしれません。

手の甲

長袖でも露出する部位なので、紫外線を多く浴びるとシミが発生します。手の甲は人の目につきやすい部位で、大きなシミができてしまうと他の部位より目立ってしまいます。

背中

意外と見落としがちな部位ですが、水着を着たときに紫外線をたっぷり浴びてしまう場所です。日焼け止めや日焼け後のアフターローションが塗りにくく、お手入れを忘れているといつの間にかシミができていることがあります。

まとめ

シミは肌の奥のメラノサイトが活性化することでできます。蓄積したメラニンはターンオーバーによって剥がれ落ちますが、紫外線を浴びすぎるとシミとして残ってしまいます。とくにシミができやすい部位には日焼け止めを塗り、長時間屋外にいたときや日焼けしたときはボディローションで保湿してシミを防いでください。

 - スキンケア基礎知識