シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

乾燥肌とは-乾燥肌のスキンケア方法

      2016/02/29

乾燥肌とは-乾燥肌のスキンケア方法空気が乾燥しやすい秋冬の季節は乾燥肌の人にはつらい時期ですね。実は乾燥肌対策に力を入れることで意外にもシミ対策にもなったりと、お肌に嬉しいことがたくさん!乾燥肌を守るためのスキンケアについて迫ります!

乾燥肌とは?

乾燥肌とは、肌を守るために体が作り出す天然のバリアでもある皮脂の分泌が少ない状態の肌です。それに伴い、肌の水分が逃げやすくなっているため、水分が少なくなっている状態の肌を言います。皮膚の水分は、汗をかいたり、「不感蒸泄」と言って常に皮膚の表面から蒸発することで少なくなっていったりします。肌の乾燥を防ぐためには、飲み物の水分として体の内側から補ったり、空気中の水分により肌表面からの水分の蒸発を防いだりすることが必要です。
肌が乾燥していると大変傷つきやすい状態になり、そこにうっかり紫外線を浴びたりすると日焼けしやすい大変危険な状態です。また、乾燥した肌は、肌のターンオーバーも起こりにくく、肌の再生機能が弱まった状態になっているので、紫外線のダメージによりシミができやすくなったり、さらに出来てしまったシミが消えにくい肌になったりと残念なことだらけ。美肌のためには肌の乾燥は大敵です。

乾燥肌のスキンケアはセラミド補充を重視!

乾燥肌にはたっぷり化粧水をつけて、たっぷりクリームを塗ってと言うのがドライスキンへのスキンケアのイメージですが、重要なのは肌のセラミドを補ってあげることです。セラミドはお肌のスポンジのような部分で水分を溜めこみ細胞と細胞をくっつける役割があります。赤ちゃんの肌にはセラミドがたっぷり、水分が溜め込まれているのですが、セラミドは成長と共に減少していってしまいます。中のスポンジがしっかりしていないと、いくら外側から水分を入れても出て行ってしまうばかりになってしまうので、保湿にはこのセラミドを補うことが大切です。乾燥肌の人は、セラミド配合の化粧品を利用して肌のセラミドを補い、水分を溜めこむ力を伸ばしてあげましょう。

また実は外側からだけでなく、内側からの保湿も重要です。肌の保湿は体の内側から行われるものがほとんどで化粧水や保湿クリームなどの外側からの保湿より大きな影響を持っているそうです。特に秋や冬にかけて空気も乾燥する季節になりますが、こまめに水分を補給して肌の水分もチャージしましょう。
また、加えて注意したいのが洗顔方法。肌をごしごしと洗ってしまうと肌も傷つけ、さらに肌の水分を逃がしてしまいます。肌は優しく洗って肌の水分を逃がさないようにしましょう!
こういった積み重ねが乾燥肌を改善し、また肌のターンオーバーを正常化に導き、シミやしわなどの肌トラブルの改善効果も期待ですよ!

まとめ

乾燥肌のスキンケアに重要なのは内側から水分を溜めこめるような土台作り、セラミドの補充を重視しましょう。いくらクリームや美容液をつけても、肌自身が水分を蓄える力が無いとよい成分も逃げて行ってしまうばかりです。また体の内側からしっかり水分を補給するのも大事です。こまめに水分をとって、体の内側からスキンケアも行いましょう!体の冷えは肌へも悪影響を及ぼします。水分を取る時には常温のお水などを飲むと良いですよ!

 - スキンケア基礎知識