シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

コンシーラー?コントロールカラー?2つの違いって何??

   

コンシーラー?コントロールカラー?2つの違いって何??

コンシーラーとコントロールカラーは、使いこなせていますか?今回は、2つの違いや効果的な使い方についてご紹介します。2つを正しく使い分けて、肌トラブルをカバーしましょう。

コンシーラーとコントロールカラーの違い

コンシーラーとコントロールカラーは、どちらも肌トラブルをカバーするためのコスメです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

コンシーラー

コンシーラーはクマやシミ、そばかす、ニキビ跡など、ピンポイントで肌トラブルをカバーするためのアイテムです。肌色に近いカラーが多いので、部分使い用のファンデーションとして使用します。

コントロールカラー

顔全体の赤みやくすみ、黄みなどをカバーするコスメで、化粧下地のように使います。気になる箇所に部分使いするというよりも、広範囲をカバーするのに向いています。カラーも肌色ではなく、イエローやピンク、グリーン、ブルーなど、肌色を補正するためのカラーがそろっています。

コンシーラーとコントロールカラーの効果的な使い方

コンシーラーとコントロールカラーは、使う範囲やカラーが違うので、両方を併用するのがおすすめです。まずは化粧下地代わりにコントロールカラーを顔全体に塗り、肌色を補正します。 次にリキッドファンデーションを使用する場合は、ファンデーション後に、パウダーファンデーションを使用する場合は、ファンデーション前にコンシーラーを使います。コンシーラーは、肌トラブルが気になる箇所のみにつけるようにしましょう。

それぞれ役割の違う2つのアイテムを使い分けることで、肌トラブルをしっかりカバーしてください。

肌にやさしいおすすめアイテム

コンシーラーもコントロールカラーも、できるだけ肌への負担が少ないコスメを使うようにしましょう。おすすめは、オンリーミネラルのアイテムです。

薬用コンシーラー

ミネラル100%で石けんで落とせるコンシーラーです。シミやそばかす、くすみ、ニキビ痕をカバーすると同時に、紫外線対策もできます。メラニン生成を抑えるホワイトニングケアとニキビ予防に効果的なアクネプロテクターの2種類があります。

ミネラルプラスベース

くすみをとばして透明感を与えるクリアナチュラル(ラベンダー)と赤みや色ムラをカバーするナチュラル(イエロー)の2色があります。自然なツヤと透明感で、肌トラブルをナチュラルに隠します。

まとめ

コンシーラーとコントロールカラーは、使う範囲やカバーできる肌トラブル、カラーが異なります。しっかり肌トラブルを隠すためには、両方を併用するようにしましょう。

 - シミ隠しに効くファンデーション情報