シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

シミ対策って何歳から始めたらいいの?

   

シミ対策って何歳から始めたらいいの?

一般的にシミが目立ち始めるのは30代に入ってからです。しかし、将来シミだらけになるのを防ぐには、何歳からシミ対策を始めればいいのでしょうか。
今回はシミができる原因を解説し、いつから始めたらいいのかお答えします。

シミができる原因

紫外線による日焼け

シミができる一番の原因は紫外線による日焼けです。肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を生成し、シミを作ります。少量であればターンオーバーによって古い角質とともに排出されますが、たくさん紫外線を浴びてしまうと排出できずにシミとして残ります。

ニキビ

メラニン色素は紫外線だけではなく、ニキビや肌荒れなど肌の炎症によっても生成されます。さらに膿ニキビや赤ニキビなど、悪化したニキビは色素沈着してシミになる場合もあります。

色白

日焼けすると黒くならずに赤くなるという色白の人は、地黒の人に比べて肌のメラニン色素が少なく、紫外線に弱いです。そのためシミができやすく、色白のせいで目立ってしまいます。

ホルモンバランス

生理中や妊娠中は黄体ホルモンが増え、シミができやすくなります。

シミ対策は20代から始めよう

30代になって肌の表面に現れたシミは、20代から蓄積したメラニン色素が原因です。赤ちゃんのころは肌細胞の生まれ変わりのサイクルが早いので紫外線を浴びても排出されますが、20代以降は紫外線を浴びすぎると排出が追いつかず、シミとして定着します。30代になってからシミ対策をしたのでは遅いので、20代から始めましょう。

もちろん30代以降もシミ対策を続けることでシミの悪化や造花を防ぐことができます。シミ対策は早く始めるほど効果的で、10代後半でも早すぎることはないので、できるだけ早くスタートさせてください。

具体的なシミ対策方法

シミは一度できると薄くするのに時間がかかるため、予防が大切です。春夏は紫外線量が多いので、曇りの日でも油断せず日焼け止めを使って紫外線対策をしましょう。美白有効成分が入った化粧水や乳液を使うと、シミができにくい肌環境になります。

秋冬は夏の肌疲れによる肌荒れや乾燥が気になる季節です。保湿対策をしっかり行い、肌の潤いをキープしましょう。秋冬も紫外線は降り注いでいるため、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使って日中の紫外線をブロックしてください。

まとめ

シミ対策は早く始めるほど効果的です。まだ早いかもと思っても、紫外線対策を怠っていれば、肌の奥でメラニン色素が生成され、将来シミとして現れるかもしれません。20代になったら早めにシミ対策を始めましょう。

 - シミの予防法