シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

シミ対策に豆乳ローション!手軽に作って美肌を手に入れよう♡

   

シミ対策に豆乳ローション!手軽に作って美肌を手に入れよう♡

シミ対策に効果的な豆乳ローション。大豆イソフラボンなど、女性にうれしい成分がたっぷり含まれています。市販のものを買わなくても自分で手作りできるので、プチプラで美肌を手に入れることができますよ!

豆乳ローションがシミに効くって本当!?

豆乳ローションに含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種・エストロゲンと似た働きをすることで知られています。エストロゲンは女性らしい体作りをサポートする以外にも、肌のハリやツヤをキープするコラーゲンの生成を助けてくれます。また、抗酸化作用のあるビタミンB群やビタミンEを含んでいるため、メラニンの生成を防いだり、肌のターンオーバー機能を助けてシミを薄くするなどの効果が期待できます。

シミ対策以外のメリット

豆乳ローションにはシミ対策以外にも様々な効果があります。

抑毛

大豆イソフラボンの作用により、毛を薄くしたり、細くするなど抑毛効果が期待できます。すぐに効果が現れるというわけではありませんが、継続使用することで少しずつ減っていくと言われています。

黒ずみの解消

豆乳に含まれる大豆サポニンには、ターンオーバーを促す働きがあります。新陳代謝を活性化し、肌のターンオーバー機能が高まれば、メラニンの生成によってできた黒ずみも早く解消することができます。

豆乳ローションの作り方と注意点

豆乳ローションは市販のものもありますが、手作りのほうが効果があると言われています。早速、作り方を見てみましょう。

【用意するもの】

  • 無調整豆乳 500ml
  • レモン2個
  • 消毒用エタノール 大さじ4
  • レモン絞り器
  • 計量器
  • 温度計
  • キッチンペーパー
  • 保存用容器
  • 鍋、ボウル、ざる、ガーゼ

【作り方】

  1. レモンの皮をむき、レモン絞り器で絞ります。量は100mlほどになります。
  2. 豆乳を鍋に入れて、弱火で温めます。温度が60~65℃になったら火を止めます。
  3. 鍋にレモン汁を加え、弱火にかけて混ぜます。
  4. 豆乳が固まりはじめ、とろとろしてきたら火を止めてください。
  5. 消毒用エタノールを入れ、かき混ぜます。
  6. ボウルの上にざるを置き、ガーゼを敷いてからキッチンペーパーを重ねます。
  7. 鍋の中の液体を流し込みましょう。
  8. 20分ほど冷ました後、ゆっくり絞って濾します。
  9. 保存容器に入れたら完成です。

【注意点】

  • 消毒用エタノールは引火性があります。鍋の中に入れるときは、火の気のない場所に移動させてから作業しましょう。
  • 保存期間は冷蔵庫保管で約1週間、冷凍庫保管で約1か月です。固まったり、ニオイがきつくなってしまった場合は、作り直すようにしてください。

まとめ

豆乳ローションには、シミ対策のほか、抑毛や黒ずみを解消したり、女性にとってうれしいメリットがたくさんあります。スーパーやドラッグストアで手に入るアイテムで手作りすることができるので、ぜひ実践してみてください。

 - シミの予防法