シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

シミ予防の重要ポイント!日焼け対策をお忘れなく!

      2017/07/26

シミ予防の重要なポイント

シミには色々な原因があることが分かりましたが、シミの多くは紫外線が原因のシミだと言うことも分かりましたね。するとシミが出来る予防には紫外線対策が重要と言うこと!
日焼けを予防するための対策とうっかり日焼けしてしまった後の対処法を調べてみました。

日焼け止めのSPFとPA+++って何?

手軽な日焼け対策と言えば日焼け止めを使うことですね。サンスクリーンとも呼びますが、いつもSPFとかPA+++とかって書いてありませんか?これって一体何なんでしょう?
まずSPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略でシミやそばかすなどの原因となる紫外線の B 波( UVB )が肌に届くのを防ぐ力を示しています。 約20分間で素肌と比べて日焼け止めを塗った場合に日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。例えばSPF30の場合、20分×30=600分=10時間で約10時間は日焼けしにくくなると言うことを表します。
そしてPAは、プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略で皮膚を黒くしたり、シワなどの原因となったりする紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すものです。++++が一番強く、+++、++、+の4段階に別れています。
このようにSPFとPAは防ぐ対象が違うのですね。外でのレジャーにはSPF50にPA++++、少しのおでかけなどには肌への負担も低いSPF15ほどにPA++くらいがおススメです。最近はファンデーションにもSPF15ほどの効果も含まれるので、さっと塗っておでかけがおすすめです。
またこれに合わせてサングラスや帽子、日傘などを合わせるとより効果的に日焼け対策が出来ますよ。

おすすめの日焼け止め

真夏の強力な紫外線もカットする優秀な日焼け止めをご紹介します。

ミネラル プラスUVミルク/オンリーミネラル

日焼け止めは成分が強くて肌が荒れるなんて方におすすめなのが、オンリーミネラルの日焼け止め。SPF50+/PA++++なのに、肌にやさしく軽いつけ心地。天然由来の美容成分配合もされており、紫外線から肌を守りつつうるおいを与えてくれます。さらに、ソフトフォーカスパウダー配合で毛穴もカバーワントーン明るい肌へ整えてくれます。白浮きしないほんのりピンク色のUVミルクで、化粧下地としても使えます。価格は28mlで、2,800円(税抜)です。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター/資生堂

日焼け止めとして人気の高いアネッサは、とにかく日焼けしたくない方におすすめです。SPF50+・PA ++++でしっかり紫外線対策ができ、ウォータープルーフタイプなので海水浴やスポーツ、レジャーなどあらゆるシーンで活躍します。紫外線をブロックする膜「アクアブースター技術」搭載で、汗や水に触れると膜がパワーアップするのが特徴です。この膜には美肌エッセンスが含まれているため、日焼け止めを塗りながら潤いをキープすることができます。価格は25mlが1,500円、60mlが3,000円(ともに税抜)です。

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/ニベア

SPF50なのに、まるで化粧水のようにとろけるような塗り心地で、素肌に優しい日焼け止めです。肌にのせると一瞬でさらっとなじむので、日焼け止めのキシキシ感が苦手な方にぴったりです。ウォータープルーフですが、石けんでオフすることができます。価格はオープン価格ですが、コスパがいいのでたっぷり塗っても気になりません。

日焼けしてしまったらどうしたらいいの?

どんなに気を付けていても日焼けしてしまうことがありますよね。そんな時にはまずお肌を冷やすことが必要です。日焼けは一種の火傷状態なので、まずは肌を冷やして炎症が治まったら美白ケアを行うようにしてください。たっぷり保湿してメラニンの生成を防ぐ効果のある化粧品をプラスするのがおススメです。
日焼け後のお肌にレモンやグレープフルーツなどはビタミンたっぷりで美白によさそうなイメージですが、「ソラレン」という成分が含まれていて、ソラレンを摂取してから紫外線に当たるとより紫外線の吸収を高めてしまう効果があるそうです。お出かけ前の摂取は避け、夜などに摂取するとビタミンがとれてお肌にもよいですよ。

日焼けした後に使いたい!美白化粧水

日焼けしてしまった後は、肌をクールダウンさせたり、メラニン色素の生成を防ぐために美白化粧水でお肌を保護してあげましょう。日焼け後に使用する化粧水は、低刺激なものを選ぶようにしてください。クールダウンが終わってから、美白に効果的な化粧水を使うようにしましょう。

エクストラモイスチャーローション/オンリーミネラル

ストレスを受けた肌に、癒しのスキンケアタイムを与えてくれる浸透型エイジングケアローションです。厳選ミネラルを配合した低刺激の化粧水で、肌に必要な成分のみを効果的に届けてくれ、肌本来の美しさを引きだしてくれます。日焼けでうるおいがなくなってしまった肌に、一日中うるおいを逃さない保水肌へと変えてくれます。価格は、120mlで4,000円(税抜)です。

アベンヌウォーター/アベンヌ

敏感肌でも使えるスプレー式の化粧水です。アベンヌ温泉水100%で、肌をいたわりながら優しく保湿してくれます。べたつくことなく、さらっとしたミスト状化粧水なので、日焼け後のクールダウンに使用しましょう。ミネラル成分であるカルシウムとマグネシウムの分量をバランスよく配合しており、赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。価格は、50gが700円 150gが1,500円、300gが2,200円 (ともに税抜)です。

ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト/POLA

日焼け後のクールダウンが終わったら、積極的に美白効果のあるアイテムを使用します。この美白化粧水は、ビタミンC誘導体配合で、内側から輝くような透明感を引き出してくれるアイテムです。角層のすみずみに潤いを届けて、肌のターンオーバー機能をサポートしてくれます。価格は、150mlの本体が4,500円、リフィルが4,100円(ともに税抜)です。同シリーズにクレンジング、洗顔料、乳液、クリームがあるのでライン使いがおすすめです。

まとめ

日焼け対策は日焼けしないような対策と日焼けしてしまったときの対策が重要ですね。紫外線はシミを作る一番大きな原因です。しっかり対策をしてシミが出来ない対策をしていきましょう。めんどうくさいと思うこともあるかもしれませんが、将来後悔しないためにも重要ですよ!

 - シミの予防法