シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

急増中の「隠れシミ」、対策と予防の仕方教えます!

   

急増中の「隠れシミ」、対策と予防の仕方教えます!

今までシミひとつなかったのに、鏡を見たらいつの間にかできていた!ということはありませんか?それは「隠れシミ」が原因かもしれません。シミがなかった人ほど、この「隠れシミ」に悩まされます。今から「隠れシミ」対策をして、シミの発生を防ぎましょう。

隠れシミとは

隠れシミとは、皮膚の組織にある隠れたシミのことです。皮膚の表面には現れていないため肉眼では見えませんが、特殊なカメラを使用して見ることができます。シミのないきれいな肌の方でも、顔じゅうに隠れシミがあるという場合もあります。

長年肌が浴び続けた紫外線により、肌ダメージが皮膚の奥で蓄積されたものです。他にもストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れによってターンオーバー機能が正常に働かないことで、徐々に濃くなってしまいます。

隠れシミが濃くなると、当然肌表面に現れるので目に見えるシミとなって残ります。そのため、隠れシミはシミ予備軍と呼ばれているのです。

ただし、隠れシミのすべてが表面化するわけではありません。お手入れ次第では、表面に出てくることを防ぐことができます。

隠れシミ対策と予防方法

隠れシミが出てくるのを予防するためには、体の外側と内側からのアプローチが必要です。

紫外線対策を徹底する

今ある隠れシミが濃くなるのを防ぐには、紫外線対策が一番です。日焼け止めをこまめに塗りなおしたり、日傘、アームカバー、帽子などを組み合わせて紫外線を徹底的にブロックしましょう。

普段から美白用コスメを使う

美白用スキンケアアイテムには、ビタミンC誘導体などシミを防ぐ成分が配合されています。シミが目立ち始めてから使うのではなく、できる前から使うことでシミを防ぐことができます。

シミ対策用美容液で集中ケア

シミができやすい頬などは、シミ対策用美容液を使うのがおすすめです。美容液は美白用化粧水よりも成分が凝縮されているものが多く、集中的にケアすることができます。

シミに効果的な食べ物をとる

シミ対策には、肌のコラーゲン生成をサポートしてくれるビタミンCを摂取しましょう。レモン、いちご、キウイなど生のフルーツから摂ると効果的です。ビタミンCは水溶性なので、一度に摂ると体外に排出されてしまいます。一度に大量摂取するよりも、毎日少しずつ摂るようにしてください。

まとめ

隠れシミはシミ予備軍と言われており、将来的に目に見える形でシミになる可能性があります。しかし、今から対策を取っておけば、シミの表面化を防ぐことができます。急にシミができてきた…と感じる方は、ぜひ予防方法を実践してみてください。

 - シミの予防法