シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

目のクマはどうやったら消える?種類別クマの対処法

   

目のクマはどうやったら消える?種類別クマの対処法

ファンデーションを重ねても消えない目の下のクマは、原因に合わせて対処することが大切です。クマには3種類あり、それぞれ色やできてしまった原因、解消法が違います。今回はそれぞれのクマの隠し方をご紹介します。

青クマの解消法と隠し方

目の下の毛細血管の流れが滞り、青っぽく見えるのが青クマです。寝不足や疲れ、ストレスなどが原因で、パソコンやスマホで長時間目を酷使する方にできやすいです。

青クマは血行をよくすることで少しずつ改善していきます。マッサージやホットパックなどで血流をよくしてあげましょう。マッサージをするときは薬指で軽く押すようにして、力を入れないように気をつけます。

また、青クマができやすい人は体全体が冷えていることが多いです。目元だけではなく、全身の血行促進のため、運動や湯船につかるのも効果的です。

青クマが目立つ場合は、オレンジベージュのリキッドタイプのコンシーラーを使いましょう。オレンジ色が目元を明るく見せて、青っぽさが和らぎます。そして、皮膚の薄い目の下にはヨレにくいリキッドタイプが一番使いやすいですよ。

茶クマの解消法と隠し方

茶クマは色素沈着によっておこる茶色っぽいクマです。紫外線の影響や目をこすりすぎたことで発生します。なかにはアトピー性皮膚炎や化粧かぶれ、マスカラによる色素沈着が原因になっていることもあります。

茶クマを解消するには、美白美容成分の入った化粧品を使用することです。ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されたものが効果的です。継続的に使用して、徐々に薄くするようにしましょう。

茶クマにはイエロー系のリキッドコンシーラーを使うと、目元が明るく見えます。自分の肌色と同じ明るさかワントーン明るめの色を選ぶようにしてください。

黒クマの解消法と隠し方

黒クマは、加齢などによって目の下の筋肉がたるみ、凹みができることによって黒く見えるクマです。目の下の筋力アップや保湿によってハリを取り戻すことで改善することができます。真正面を向いて、目だけを上下左右に動かして眼筋を鍛える筋力アップトレーニングをしたり、コラーゲンやヒアルロン酸配合の目元クリームを使いましょう。

コンシーラーは控えめなパールの入ったオークル系がぴったりです。パールで光を拡散させて目の下の凹みを目立たなくさせ、オークル系のカラーでナチュラルに仕上げてください。

まとめ

目の下のクマには、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があり、それぞれ原因や解消法が違います。上手にカバーできるコンシーラーの色も違うため、自分のクマにぴったりのアイテムで隠すようにしましょう。

 - 出来たシミの改善方法と隠し方