シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

どうしたらいい?出来てしまったシミを消す方法ってあるの?

   

どうしたらいい?出来てしまったシミを消す方法ってあるの?

シミが出来ないようにと注意していても不意に出来てしまっていることだってありますよね?メイクアップアイテムなどで隠すことが出来るけれど、出来たら素肌からきれいになれたら、と思いますよね?出来てしまったシミを消す方法はるのでしょうか?

まずは規則正しい生活習慣と保湿でシミを薄くしてみましょう!

まずは体の中からシミを薄くする方法を考えてみましょう。果物や野菜などにたくさん含まれるビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素の生成、沈着を抑え、シミを薄くする効果があります。新しいシミが出来るのを防ぐとともに、既にできてしまったシミにもアプローチしてくれるのはうれしい効果ですね!ビタミン類は体の中に溜め込むことが出来ず、不要な分は体の外に排出してしまうため、一度に大量に摂取するのではなく、こまめに摂取するのが大切です。
また肌のターンオーバーを活性化して、メラニン色素が上手に排出されるように体を整えるのも大切です。規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事、適度な運動を心がけてみましょう。またストレスは肌にも悪影響。出来るだけストレスを溜めこまないようにするのはシミの無い肌作りにも大切なポイントですよ!
そして、実は肌の保湿もシミ予防、出来てしまったシミを薄くするにもとても重要なんです!肌が乾燥すると大変傷つきやすい状態になり、乾燥した肌は、肌のターンオーバーも起こりにくく、肌の再生機能が弱まった状態になります。するとシミができやすく、消えにくい肌になってしまうのです。肌の保湿もしっかり行い肌が再生し、シミを薄する力を伸ばしてあげることも重要ですね。

どうしても取りたいシミはレーザーで!

 出来てしまったシミはなかなか消えづらかったり、薄くなりにくかったりもします。早く気になるシミを消したい!と言う人にはレーザー治療と言う方法もあります。レーザーで使用される波数が、皮膚の下で沈着しているシミの色素に働きかけ、レーザーを当てた部分のシミが治療後、ポロポロと取れて行きます。シミによってきれいになる具合は異なりますが、完全に綺麗になったり、また薄くなったりという効果が期待できます。
 レーザーは高いシミ取り効果が期待できますが、やはり費用面、そして治療後からかさぶたがとれるまでのダウンタイムが躊躇してしまう原因にもなりますね。また場合によってはあまり効果がないこともあるので、じっくり病院で相談の上決めることをおすすめします。

まとめ

シミ対策は体の内側からのメンテナンスと保湿をしっかり行い、シミが出来にくいダメージを受けにくい肌、出来てしまったシミが薄くなりやすい肌再生力が正常な状態に導くことが大切です。どうしても気になるシミはレーザー治療も効果的ですが、費用や期間なども必要なのでお医者さんに相談の上じっくり検討が必要ですね。

 - 出来たシミの改善方法と隠し方