シミ隠しに有効なファンデーションはどれ?

*

シミは治せる?体の内側からシミを治す方法

      2017/01/06

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s

気が付くとシミが濃くなっていたり、増えていることはありませんか?気になるシミ、出来ることなら、なくなってほしいと思いますよね。最近はシミ対策用化粧品や、シミをカバーできるメイクアイテムも増えていますが、シミ対策には体の内側からのケアもとっても重要です。今回は体の内側からシミを直す方法を探ってみます。

重要なのは肌の生まれ変わり!肌のターンオーバーを高めてシミを治す!

シミ対策では、紫外線対策や保湿など体の外側からのケアも重要ですが、体の内側からシミを治そうとすることもとっても重要です。いくら高級な美容液をたっぷり塗り込んだりしていても、実は体の内側からも栄養を摂り込んでいなければきれいなシミ対策は不十分です。

出来てしまったシミを薄くするために重要なのは、肌のターンオーバーを活性化し、霜の元であるメラニン色素が上手に排出されるようにすることです。肌は約1ヶ月サイクルで新しい皮膚へと生まれ変わるサイクルがあります。それをターンオーバーと呼び、ターンオーバーの際にシミのメラニン色素を含んだ皮膚を脱ぎ捨てて行くことで、シミを薄くしてくれます。

肌のターンオーバーを活性化させるためには、肌の新陳代謝を高めるのがポイント!規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事、適度な運動などで体を内側から健康的に保ち、しっかり肌のターンオーバーを活性化させましょう。またストレスは肌にも悪影響。出来るだけストレスを溜めこまないようにするのはシミを治すための大切なポイントですよ!

シミを治すための重要な栄養素!ビタミンC、ビタミンE!

シミを治すためには、ビタミンの摂取もかかせません。美肌ビタミンと呼ばれるビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素の生成、沈着を抑え、シミを薄くする効果があります。新しいシミが出来るのを防ぐとともに、既にできてしまったシミにもアプローチして薄くする働きがあります。野菜や果物などにたくさん含まれているので、積極的に摂りたいですね!

しかし、ビタミン類は体の中に溜め込むことが出来ず、不要な分は体の外に排出してしまうため、一度に大量に摂取するのではなく、こまめに摂取するのが大切です。

ビタミンC以外にも、若返りのビタミンとして知られるビタミンEには抗酸化作用があり、体を守る働きがあります。シミの原因となるメラニン色素の元、活性酸素に働きかけ、メラニン色素が出来るのを予防してくれます。

ビタミンEはナッツやアボカドなどに含まれています。ビタミンEは油性のビタミンなのでオイルを含むものと一緒に摂取すると効果的ですよ。

シミに効果的な栄養素もしっかり摂って、体の中からシミを治すように心がけることも大切なんです。

まとめ

一度シミが出来てしまうと治すのは大変です。少しずつの毎日の積み重ねで、少しずつシミを薄くできるのも事実!体の中からもケアもしっかり行って綺麗な素肌を目指しましょう!

まず重要なのは肌のターンオーバー活性化させること。栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動などを心がけて、体の内側からのメンテナンスもしっかり行いましょう。

またビタミン類は美肌を作る要ともいわれています。シミ対策に効果的なビタミンCやEを積極的に摂って、シミを治すためのステップを続けていきましょう!

 - 出来たシミの改善方法と隠し方